File 9「ロゴスの名のもとに」

改造ウィルウェアで銀行などが襲撃される事件が連続し、黒騎たちが捜査を開始する。
犯人はロゴスのドック。ロゴスの主旨に反する身勝手な行動に、ミュトスはドックの粛清を決める。

  • 挿絵1
  • 挿絵2
  • 挿絵3
  • 挿絵4
  • 挿絵5
  • 挿絵6

〜 用語集 〜

帝都研究所
主に自衛隊用の装備を開発する防衛装備庁から依頼を受けて、ウィルウェア用の各種機材の研究開発を行っている機関。誘導式武器技術研究部や弾道技術研究部、電子装備研究所、先端技術推進センターなどから人員が派遣されている。また、警察用装備の研究も行っている。
新型冷凍弾
警察用装備として、非殺傷制圧装備の開発は積極的に行われており、特に対ウィルウェア用装備として従来のゴム弾や放水、スタンガンなどでは効果が薄いとして開発されているものの一つ。ウィルウェアの足元に放水して、瞬間的に冷凍することで行動不能にして制圧することを視野に入れて研究されていた。
磁気テープ
データの記録媒体は新しい物が次々と登場し、特に光学メディアの登場で一挙に磁気テープは不要となったかと思われた。しかし、データの大容量化に光学メディアは追い付かず、バックアップ用メディアとして磁気テープが見直されることもたびたび発生した。しかし、磁気テープは強い磁界でデータが消滅する上に、テープ自体が切れたり劣化するので、機器共々定期メンテナンスが必要で、結局新しいストレージデバイスとしてのナノドライブが登場すると、急速に機材ごと姿を消して、旧式の磁気テープを読み取るのは困難となっていた。また、前述の通りデータを消去するのも容易であった。
光貴ブレインデータ
光貴教育学園と同じ資本関係にある研究施設。主に人工知能の研究を行っている。
123でS1ヒット
犯罪歴や補導歴は、警察庁長官官房中野センターにて一括管理されており、そこに非行歴が一件記録されていた、ということを示している。
航空法第80条
航空法の第八十条は、飛行の禁止区域を定めた法令で、「航空機は、国土交通省令で定める航空機の飛行に関し危険を生ずるおそれがある区域の上空を飛行してはならない。但し、国土交通大臣の許可を受けた場合は、この限りでない」となっている。
アプリヘンド
凛のウィルウェアに搭載されている昇華機構で、全出力解放モードにして瞬間加速能力を限界まで高める。因みに綴りは「apprehend」で、「逮捕する」という意味の英語。

各話あらすじ

Introduction - イントロダクション

第三次流砂現象によりその一部が泥濘に沈んだ東京。
復興作業用に作られた、高出力・強化装甲<ウィルウェア>を使った犯罪の増加に対処すべく、警察庁警備局は、その吉祥寺分室に第五特別公安課第三機動強襲室第八係──通称<ダイハチ>を新設した。様々な法的制約としがらみに縛られながら、知恵と勇気と口八丁で凶悪事件に挑む若者達(一部を除く)! 決裁完了、出動せよ!!

Story - ストーリー

花咲里あさみ警部補、本日付で警察庁警備局吉祥寺分室、第五特別公安課第三機動強襲室第八係に配属されました! 私の任務は、増加するウィルウェア犯罪に対し有事に備えて実験的に創設されたこの<ダイハチ>の実態を把握し、存続するに相応しいか見極めて上に報告すること。でも真の目的は、私の手で正義の集団に更生させることよ! こんな強引で、アバウトで、行き当たりばったりで、正義なきやり方、私は絶対に認めません!!