File 8「アルティメイドロンド」

都内で頻発する事件、そこへ現れる謎のウィルウェア・アルティメイド。
ダイハチのウェアをしのぐ性能と活躍に、全国規模で人気が沸騰する。ダイハチ不要論もでてくる中、黒騎は瀬名を飲み会へ誘う。そこに現れた人物は……!?

  • 挿絵1
  • 挿絵2
  • 挿絵3
  • 挿絵4
  • 挿絵5
  • 挿絵6

〜 用語集 〜

渋谷の京王にある岡本太郎
京王井の頭線渋谷駅とJR渋谷駅の連絡通路にある、岡本太郎の巨大壁画「明日の神話」のこと。岡本の代表作の一つとも言われ、一時行方不明になっていたがメキシコ国内で発見されて修復、一般公開された。
ばばみっちー
…………………………………………。
お2人は出撃できない
ウィルウェアは法律上「乗り物」として扱われているため、血中及び呼気中のアルコール濃度が一定以上の場合は操縦が禁止されている。道路交通法第65条第1項にて「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」との規定があり、この「車両等」には自動車だけではなく道路上を移動する乗り物一般や牛馬も含まれ、当然ながらウィルウェアも公道を移動する場合は適用される。同様に、鉄道軌道では軌道運転規定、無軌条電車運転規則、空を飛ぶ場合は航空法、水上では船舶職員及び小型船舶操縦者法が適用されるが、飲酒操縦はこれら全てで禁止されている。
閃舞改
一般的なウィルウェアよりも、軽量化と俊敏性を高めて統合自衛隊用に改良されたのが閃舞である。この閃舞の配備自体が極秘で一般には全く知られていないが、そこからさらに出力を向上させて強行偵察用に改良したのが閃舞改である。背面にブースター兼用の無人偵察機を搭載しており、機体の稼働時間も大幅に向上している。
バーゼル会議
スイスのバーゼルで行われた、ウィルウェアを警察に配備してその普及を図る会議。
アルティメイドのIFF
IFFとは「Identification friend or foe」の略で、日本語では敵味方識別装置と訳される。その字の通り、電波などで対象が敵か味方か識別する装置。戦闘が肉眼では識別不能な遠距離や、目では見えない夜間などに行われるようになったため、開発された。当然自衛隊のウィルウェアにも全機搭載されており、民間機は事前に対象外となるように設定されている。

各話あらすじ

Introduction - イントロダクション

第三次流砂現象によりその一部が泥濘に沈んだ東京。
復興作業用に作られた、高出力・強化装甲<ウィルウェア>を使った犯罪の増加に対処すべく、警察庁警備局は、その吉祥寺分室に第五特別公安課第三機動強襲室第八係──通称<ダイハチ>を新設した。様々な法的制約としがらみに縛られながら、知恵と勇気と口八丁で凶悪事件に挑む若者達(一部を除く)! 決裁完了、出動せよ!!

Story - ストーリー

花咲里あさみ警部補、本日付で警察庁警備局吉祥寺分室、第五特別公安課第三機動強襲室第八係に配属されました! 私の任務は、増加するウィルウェア犯罪に対し有事に備えて実験的に創設されたこの<ダイハチ>の実態を把握し、存続するに相応しいか見極めて上に報告すること。でも真の目的は、私の手で正義の集団に更生させることよ! こんな強引で、アバウトで、行き当たりばったりで、正義なきやり方、私は絶対に認めません!!