File 6「夢は、彼方の黄昏」

ウィルウェアの台頭によって過去の遺物と化した巨大人型重機・猛銃號モーガンごうが強奪された。かつてロボット少年だった舩坂は、もうひとつの巨大人型重機・怒龍號ドリューごうを甦らせるため、いまは介護老人となったかつての設計者・霞ヶ関博士に協力を仰ぐ。

  • 挿絵1
  • 挿絵2
  • 挿絵3
  • 挿絵4
  • 挿絵5
  • 挿絵6

〜 用語集 〜

水の中から登場
巨大ロボットや主人公機がプールや滝の水の中から登場するのは、男の(子の)浪漫であり、極めて燃える演出で、そこに理屈は不要である。コスト計算なんてしてはいけない。ローマ時代のコロッセオでも似たような演出があったということは、人類の魂に熱く刻まれた「カッコよさ」なのであろう。
関東ボトムレスベルト
第三次流砂現象が主に発生した東京東部地域を指す。
リベット
金属同士などを固定するのに使用する部品。皿状の頭部と棒状の胴部からなり、胴部を対象の穴に差し込み、反対側にでた胴部の先を潰して固定する。溶接や鋳造が一般化する前はリベット止めが多用されていたが、手間がかかることと重くなることなどから、次第に溶接などに取って代わられた。また、初期の戦車の装甲はリベット止めであったが、被弾した際にリベットが飛び散って乗員などが負傷するので、次第にリベット止めは廃れていった。一時期のロボットもリベット止めでレトロ感を演出してあったが、あの手のロボットが格闘戦をするとリベットが大変なことになったのでは、とか思ってはいけない。
山手ブレイクウォーター
山手線東側に沿って、巨大な堰堤が建設され、東側の関東ボトムレスベルトと山手線内部を仕切っており、その地域を指す。
虫けらが!
日常語ではないが、ゲーム、ロボ物、特撮好きなどには馴染みのある言葉。主に世の中に絶望したり、強大な力をもって傲慢になっているラスボスが主人公たちを見下して使うが、大抵はその後にやられ、「くそっ、こんな虫けらどもに」と続く、“かませ台詞”の一つ。他にも、「目にもの見せてやる!」「やったか?」「ええい!ままよ!」「この瞬間を待っていたんだ!」「これ以上勝手な真似はさせない」などがある。
睡眠導入装置
眠れない際に、リラックスできる音楽を聴いたり、単調な映像を見ることで眠れる場合がある。こうした眠くなる要素を研究し、脳を鎮静化させる音波の発見を元に、強制的に眠りにつかせるようにした装置。
ドリュードリルパーンチ!
実際の効果はともかく、ドリルは漢の浪漫である。パンチをドリルのように回転させて威力を高めると称するのも、浪漫である。巨大ロボット自体が浪漫の塊である以上、それ以上の説明は不要である。
モーガンショベル!
大型重機も浪漫であり、それが巨大ロボットと組み合わさると一部の人たちにはとてもたまらない。ついでに技名を叫ぶのも浪漫である。
鋼に包まれた鋼鉄の鉄拳!
ロボットアクションにおいて、わざと同じ意味の言葉を重ねる重複表現をするのは、これも浪漫である。もう説明も、全部浪漫でいいんじゃないかな。

各話あらすじ

Introduction - イントロダクション

第三次流砂現象によりその一部が泥濘に沈んだ東京。
復興作業用に作られた、高出力・強化装甲<ウィルウェア>を使った犯罪の増加に対処すべく、警察庁警備局は、その吉祥寺分室に第五特別公安課第三機動強襲室第八係──通称<ダイハチ>を新設した。様々な法的制約としがらみに縛られながら、知恵と勇気と口八丁で凶悪事件に挑む若者達(一部を除く)! 決裁完了、出動せよ!!

Story - ストーリー

花咲里あさみ警部補、本日付で警察庁警備局吉祥寺分室、第五特別公安課第三機動強襲室第八係に配属されました! 私の任務は、増加するウィルウェア犯罪に対し有事に備えて実験的に創設されたこの<ダイハチ>の実態を把握し、存続するに相応しいか見極めて上に報告すること。でも真の目的は、私の手で正義の集団に更生させることよ! こんな強引で、アバウトで、行き当たりばったりで、正義なきやり方、私は絶対に認めません!!