File 7「絶対ピーピング宣言」

全国知事会議を予告テロから守り切ったご褒美として、リゾートホテルのプールでささやかな休暇を楽しむダイハチ&ダイクの面々。ところがそこに偵察用の極小ドローンが現れ……?

  • 挿絵1
  • 挿絵2
  • 挿絵3
  • 挿絵4
  • 挿絵5
  • 挿絵6
  • 挿絵7
  • 挿絵8
  • 挿絵9

〜 用語集 〜

ロープロファイル警備
「警備」とは、人物を含む建造物や催しなど大きなものを守ることを指すのに対し、「警護」とは特定の人物を守ることを指す。ロープロファイル警備とは、警備していることを認識されにくくするため、周りに紛れるような姿をしたり、なかば隠れるようにして警備を実施することを言う。元々は要人警護において用いられたハイプロファイル(高認識性)警護とロープロファイル(低認識性)警護の手法を語源としている。これは要人警護以外にも主に施設警備や雑踏警備の分野等までに及ぶ警備全般において、ロープロファイルの対義語であるハイプロファイルが概念として多く用いられるようになったことに起因している。つまりは、対外的にその場での警備や要人を警護しているという状態を周囲に知らしめ、危害行為を含む犯罪等に及びにくいと思わせて萎縮させる効果を狙うのがハイプロファイルである。対して、周囲の雰囲気を乱さないようにする等の配慮をして、警備の存在を目立たなくするのがロープロファイルである。今回の海岸での稲城都知事に対する警護、および全国知事会に対する警備には、ロープロファイルが選択されていた。
ヤマセのAK4型
映像音響機器メーカーのヤマセが製造販売している超小型ドローン。全長8mmで2枚の羽をもつ蚊の構造を模したボディに、超小型カメラと集音機器を搭載している。「カメラとマイクを意識しない、自然な情景をあなたに」というキャッチコピーで販売されたが、これによる盗撮や盗聴、無断撮影も急増したため、日本国内ではメーカーによる審査の上、認定登録されたユーザーに対してのみ販売されるようになった。しかし、規制前に流通していた在庫分の売買、登録ユーザーからの横流し、海外からの個人輸入、不正な制御ソフトの改造等も絶えず、いまだにAK4型にまつわる問題が収まる気配はみえていない。
出歯亀野郎
出歯亀とは、女湯から帰る最中の女性を殺害した池田亀太郎という男性が、女湯覗きを常習としており、彼が出っ歯であったことから転じて、覗きを行う者を蔑んで呼ぶ言葉となったもの。また、野郎とは、この場合では男性を罵り、蔑むために使われている罵倒語である。
オンラインストレージ
インターネットに接続されたサーバの記憶領域に、利用者のデータを保存しておけるサービスの総称。手元のインターネットにつながるパソコンやスマホなどの情報機器のデータを相互に同期させたり、本体に不足する記憶領域の代わりにデータを置いておくのに用いられる。一部のサービスでは保存したデータをなんらかの形で公開できるものも存在する。クラウドコンピューティング技術の発達により、このサービスは広く利用しやすくなった。
比例原則
一般的には、達成される目的や利益に対して、取られる手段によって発生する制約や制限が比例して大きくならないようにしなければならない、という原則のこと。黒騎があさみに述べたのは、特に「警察比例の原則」とされるものである。これは、警察官がその権限を行使するにあたり、任務のためであっても過剰な手段を執ることはせず、権利の過剰な制限をしたり、不必要な危害をくわえたりするようなことをせず、最も穏和な手段を選ばなくてはならない、との意味を持つ。もちろん、これ以前の問題として、違法な行為をしないと言うのは当たり前なことである。
警職法第一条2項
警察官職務執行法第一条2項には「この法律に規定する手段は、前項の目的のため必要な最小の限度において用いるべきものであって、いやしくもその濫用にわたるようなことがあってはならない。」と定められている。つまり、前項にて述べた「警察比例の原則」を、法律の中において定めたものとなっている。日本で警察官として任務に就くために関連諸法令を学んでいたエミリアにとって、自分の目前で繰り広げられたあさみの暴走とも見える振る舞いは、思わずこの条項を口にせずにはいられないことであった。なお、この警職法の中には第七条で「武器の使用」についても定められており、それに関連するありとあらゆる内規等も存在しているが、あさみの言動がそれに即していたかについては………敢えてこの場では論じないこととする。

各話あらすじ

Introduction - イントロダクション

サミット開催に向けた「宇宙エレベータープロジェクト」が急ピッチで進む、首都・東京。
強化装甲<ウィルウェア>を使った犯罪に対処すべく創設された、警察庁警備局第五特別公安課第三機動強襲室第八係――通称<ダイハチ>は、ロゴスによるテロから日本を救ったことで、今や日本中の注目を集める存在となっていた。しかしウィルウェアを悪用した犯罪は、その後もエスカレートする一方……。新メンバーを迎えた黒騎たちダイハチの面々は、今日も知恵と勇気と口八丁、そして民間警察の協力を得て凶悪事件に挑む! 決裁完了、出動せよ!!

  • 挿絵1
  • 挿絵2
  • 挿絵3