File 1「西から来た男」

警察から3時間逃げ切れば大金が貰える……!?
女子高生が、自爆テロ用ウィルウェアを着て都内を暴走する事件が発生!停止させるにはピンポイントで目標点を撃ち抜く腕が必要だ。凛は事件解決のため、あの男を呼び寄せる!

  • 挿絵1
  • 挿絵2
  • 挿絵3
  • 挿絵4
  • 挿絵5
  • 挿絵6
  • 挿絵7
  • 挿絵8
  • 挿絵9

〜 用語集 〜

ロゴスインシデント
ロゴスによって引き起こされた一連の事件を指す。ウィルウェア供与による犯罪教唆に始まり、最終的には、国家公共統合情報基盤が乗っ取られたことにより、日本の行政はもちろん、金融や交通等のインフラも麻痺し、日本は国家的な危機に見舞われた。
警察法をはじめとする関連法令
警察庁に執行部門を持たせられるように改正された一連の法令のこと。警察庁は、元々は都道府県警察を主とする警察活動の監督や調整、法案の作成を含む運用の企画を行っていたが、これらの法令改正により、重大かつ広域犯罪への対応が可能になった。これまでも、特務機関特例法により、ダイハチを含む警察庁警備局の一部は、テロリズムに対応する執行能力を持ってはいたが、それをさらに拡大させることになった。ダイハチがロゴスインシデントを解決したことで、以前と違って英雄的に扱われるようになったことも、この一連の法改正を後押ししている。
テロ組織に対する独自捜査の権限問題
もともと特務機関特例法は、国内でのテロリズムに対処する性質を持っていたが、その名称は90年以上経つ戦中の後ろ暗いイメージを国民に与え、必要以上に警戒されていた。しかし、ロゴスインシデントの発生と解決の際に、この法に定められた実働部隊であるダイハチが活躍したことが特務機関特例法のイメージも和らげることとなった。ロゴスインシデントの恐怖覚めやらぬ中、世情も後押しするように、関連する権限の整理と強化へとつながり、日本国内での柔軟かつ強力な対テロリズム捜査と防圧が可能となり、それがそのままダイハチをはじめとする国内の対テロ機関の権限強化と拡大へと至った。
民間警察
警察法改正と同時に、警察の執行能力を向上させるべく、民間活力の導入が検討された結果、許認可を受けた民間企業や民間人による限定的な警察活動の委託が行えるようになった。
流砂現象
関東平野東部を襲った異常現象の結果、主に東京都の東側を中心とする広大なエリアが、泥濘化し、水没化した。今、東京都中心とする関東平野各地は、この流砂現象からの復興の最中にある。
第九
警察庁警備局第五特別公安課第三機動強襲室内に新設された、九番目の部隊となる「第九係」の略称。東京に拠点を持つダイハチだけでは日本全土をカバーすることが出来ないため、急遽新設された。大阪に拠点を置き、そこを中心に西日本全域を管轄するチームである。
田中祐(たすく)商会/セナーズ・インク
名古屋市東区古出来に本店を構える清掃と廃棄物処理、ならびにビル管理を業務としてきた会社。田中祐商会の経営者が瀬名颯一郎に交代したとともに、屋号が変更され、セナーズ・インクとなった。民間警察としての許認可を初めて得た企業として、ダイハチに協力することとなった。
ちんちこちん
名古屋弁で「すごく熱いさま」を指す方言。アビゲイルはそこから転じ、もの凄く熱意のある会社であると言いたかったようである。
ばばみっちー
……………………。(ファーストシーズンFile8用語集より)
ポルスカ警察
ポーランド語で「ポーランド」を意味する「Polska(ポルスカ)」と、日本語の「警察」を重ねている。意味は「ポーランド警察」。エミリアにとって、英語表記である「ポーランド」は、使い慣れない言葉だったと思われる。
学校の実習
ウィルウェアが民生用の高機能作業機械として普及している現代では、主に工業高校や農業高校において、ウィルウェアの操作実習がカリキュラムに折り込まれている。普通科高校においても、新産業技術開発機構(協会)の支援の下、ウィルウェアの普及促進を目的とした特別講習(体験実習を含む)が実施されている。また、高校の課外活動として、ウィルウェアを着用してのスポーツが行われている例もある。
第四方面本部
警視庁に10ある方面本部のうち、新宿区、中野区、杉並区を管轄範囲とし、方面内の9つの警察署を束ねる監督部門。
ゴミ処理タイムズ
廃棄物処理・清掃・環境業界の業界誌。「家庭内の小さなゴミから大規模産業廃棄物まで」というキャッチコピーそのままに、家庭のゴミから産業廃棄物に至るまで、ゴミの収集、運搬、処理、資源循環、および各業務で用いられる機械や道具等まで幅広く扱っている業界紙。
ほかる
名古屋弁で「捨てる」と言う意味を持つ言葉。ちなみに「ほかっておく」だと「無視をする」と言う意味となる。

各話あらすじ

Introduction - イントロダクション

サミット開催に向けた「宇宙エレベータープロジェクト」が急ピッチで進む、首都・東京。
強化装甲<ウィルウェア>を使った犯罪に対処すべく創設された、警察庁警備局第五特別公安課第三機動強襲室第八係――通称<ダイハチ>は、ロゴスによるテロから日本を救ったことで、今や日本中の注目を集める存在となっていた。しかしウィルウェアを悪用した犯罪は、その後もエスカレートする一方……。新メンバーを迎えた黒騎たちダイハチの面々は、今日も知恵と勇気と口八丁、そして民間警察の協力を得て凶悪事件に挑む! 決裁完了、出動せよ!!

  • 挿絵1
  • 挿絵2
  • 挿絵3